函館マリオです。

先日、
そば処 まる吉

イメージ 1

初来店。
地図はコチラ

昨日の函館どっくの進水式の後、ナコ
食べたいものを聞いたら「冷たいつるつる」
とのことで伺ったのはまる吉さん。

事前情報はありませんでしたが子連れでも
大丈夫だろうと飛び込んでみました。

イメージ 2

庭が見える小上がり席。

ちょうど赤ちゃん連れの3世代家族と
入れ替わる様に着席。

道南の外食文化の基本は家族で蕎麦屋さん
だから歴史を感じる外観だったらまず、
大丈夫。

イメージ 3

ご飯ものとドリンメニュー。

そうえば最近当たりませんが昔のそばって
もの凄い長くて、せいろと蕎麦猪口がそばで
繋がった状態で食べるのが普通だった印象。


イメージ 4

マガジンスペース。

食べ手は啜る唇でしか長さを計れないから
真実にはたどり着けません。

食べやすくしてくれればどっちでも
かまいませんが。

イメージ 5

そばメニューと卓調。

少子高齢化社会と関係があるのかな。

はこばれてきました。

イメージ 6

マリオカレー南ばん

ツユも麺もたっぷりな、760円。

ナコのより早く来てしまってちょい
やりにくいんですが。

イメージ 7

スープとうずたまリフト。

重ねて思い出しましたが昔の函館の
蕎麦屋さんで生のうずたまが付いてくる
現象をまた思い出します。

ワクワクするんですよね。

うずたま。

イメージ 8

ナコザルそば

もの凄い長い麺で、580円。

写ってませんがサービスで生卵付き。

イメージ 9

前からなんですが蕎麦屋さんでは
子供用の食器を拒否するナコ

そばの長さに苦闘。

2~3本だけ手繰らせます。

生卵はいらないそうなので。

イメージ 10

パパの丼にインしてもらいました。

ワンランク味わいが上がって、
美味い

後半に盛り返した休日。


まる吉で1up


そば処 まる吉
函館市千歳町23-8

イメージ 11

次回は、
函館市美原@おんじき庭本!!

春のジャンパー、編。