函館無限1up

函館生活をコツコツと満喫するブログです。

    2019年04月

    函館のマリオです。

    先日、
    酒KURE。

    DSC06732

    七度目の登板。
    地図はコチラ

    11回目の五稜郭バルだったこの日は
    シュクレさんで宴会でした。

    お忙しい中、感謝しかありません。

    またお願いしますね。

    DSC06737

    宴席。

    いい歳の皆だから、もちろん。

    艶っぽいことは起こりません。

    ある年齢を過ぎると人は、臆病に
    なるんですよね。

    恋に。

    DSC06734

    キムチ鍋。

    最近タッチの続編が土曜の夕方に放送されて
    ますが、今思い出してみると。

    二段ベッドで達也に南がKissするシーンって、
    子供心に。

    わかんなかったな~。

    DSC06735

    卓調。

    今は勿論、理解できるんですけどね。

    更に最近違う角度で理解が深まったのは。

    1年前にあった西川史子先生の「40代の恋愛って
    結構厳しいんですよ」発言。

    DSC06738

    油淋鶏。

    でも50代、60代、その先の年代はどうだ。

    それともそもそもの話になるのか。


    DSC06740

    所変わってシダックス。

    甲子園で優勝した達也とインターハイを
    制した南。

    その後の話は誰も知らなくて。

    DSC06739

    乾杯。

    それは俺たちが。

    知るべきなんじゃないかって。

    あだち先生に。


    シュクレとシダックスで1up


    酒KURE
    函館市本町32-4
    0138-31-0100

    カラオケ シダックス 函館五稜郭クラブ
    函館市本町8-19
    0138-55-3200

    DSC06741

    次回は、
    函館市富岡町@今鮮魚店!!

    直角三角形の、包丁編。

    函館のマリオです。

    先日、
    函館麺匠 極 KIWAMI。


    DSC06730

    初来店。
    地図はコチラ

    一昨々日のギャラップさんの後、雑務を済ませて
    お昼を食べに来たのは極さん。

    知ってるだけで3回目の看板替えです。

    目立つ立地。

    DSC06727

    店内。

    お昼の営業終了ギリだったから空いてます。

    最近、11:30営業のお店が増えてますけど
    14:15LOのラーメン店も函館では珍しい印象。

    DSC06716

    券売機。

    人手不足もそうなんでしょうが。

    14時過ぎて、お昼にありつけない人も
    少なくなったのでしょう。

    でもこのままだと。

    DSC06719

    変わらぬ小上がり席。

    コンパクト営業とか、コンパクトランチが
    どんどん進んでストマックがコンパクト。

    コンタック総合。

    DSC06717

    マガジンスペース。

    ちなみにグルカさんだった時の投稿はコチラで。

    美楽亭さんだった時の投稿はコチラ

    グルカは去年か一昨年前かなって感じるのに
    美楽亭は10年位前みたい。

    DSC06718

    卓調。

    コンパクトなシティって
    なんなんでしょうね。

    福祉日本一とかも。

    はこばれてきました。

    DSC06721

    マリオの極みそ。

    特徴的な丼に泡立って、830円。

    チャーシューも炙ってあります。

    DSC06723

    スープリフト。

    背油もそうですが、複雑な渋味も。

    これはワイルド。

    DSC06726

    リフトアップ。

    ホウレンソウが効いて、
    美味い。

    シナチクのね。

    味わいがまた。


    函館麺匠 極で1up


    函館麺匠 極 KIWAMI
    函館市美原5-1-17
    0138-86-7760

    DSC06733

    次回は、
    函館市本町@シュクレ!!


    恋、編。

    函館のマリオです。

    先日、
    スープカリー ギャラップ。


    DSC06715

    初来店。
    地図はコチラ

    昨日のエルパンリコさんの後、上磯漁港から
    とぼとぼと車を走らせてたらカレーの幟を発見。

    スーパーかブティックかと見紛う佇まい。

    最近カレーがマイブームの兆し。

    入ってみました。

    DSC06701

    店内。

    不惑を超えて、カレーへの興味がなぜか増してる
    今日この頃。

    昔は確かに好きな時期もあったんですが。

    スープカレーが誕生したあたりからあまり食べなく
    なってました。

    DSC06698

    メニュー。

    まず、スープカレーって食べにくいですよね。

    とくにチキン。

    あと汁に浸して米を食べるっていうのが解せない。

    DSC06702

    個室席。

    ラーメンとライスが1人前、目の前にあったとして。

    知人がレンゲでご飯をすくってスープに浸したら。

    あなたはどうしますか。

    DSC06713

    フライヤースペース。

    私は言います、「口の中でやって」と。

    櫓屋のミニライスは例外ね。

    DSC06700

    卓調とアラカルト。

    あと函館に住んでると、ラッピのカレーが
    舌に標準化されてしまうので。

    それ単体でカレーが美味しいものという
    認識が薄れます。

    スープカレーは広く道民に親しまれて、美味しい
    料理だということは理解してるんですよ。

    はこばれてきました。

    DSC06703

    マリオのギャラップカリー。

    熱々の器で、980円。

    緑のガラス容器にはお冷が入ってます。

    お洒落。

    DSC06705

    野菜たっぷりのさっぱりカリー。

    カットされた
    レタスハムチーズカツが別皿で
    提供されます。

    これも食べ方が難しく思えましたが。

    DSC06708

    リフトアップ。

    サラッとスパイシーで美味い。

    たしか無料の3辛。

    で、カツに悪戦苦闘してたら閃きました。

    なぜ三角形にカットしてあるのか。

    DSC06711

    レタスハムチーズカツを手づかみ。

    具材の隙間にスープをいきわたらせて。

    めちゃくちゃ美味い。

    もちろん視線が刺さる。

    でも何枚でも食べたくなる味。

    なるほど。


    ギャラップのギャラップカリーで2up


    スープカリー ギャラップ
    北斗市東浜1-12-65
    0138-83-1177

    DSC06729

    次回は、
    函館市美原@函館麺匠 極!!

    灰汁の脂、編。

    函館のマリオです。

    先日、
    パン工房 エルパン・リコ。


    DSC06693

    初来店。
    地図はコチラ

    この日の休日の朝食は北斗市のエルパンリコさんで
    調達。

    お昼に北斗フィッシャリーに乗り込むつもり
    でしたので。

    あくまで軽くいただく算段でした

    DSC06688

    店内。

    ほがらかなマスターが迎えてくれます。

    焼きたてのパンがはこばれてきて。

    DSC06686

    冷ケース。

    焼きたてっつっても、それは天板から
    ダイレクトにトレー。

    エンドユーザーとしてはこれ以上ない
    シチュエーション。

    DSC06691

    マガジン等スペース。

    気になってた店名についても聞いてみます。

    マリオ「エルパン・リコさんってコレ、
    メキシコ語ですか?」

    マスター「スペイン語なんですよ~」

    マリオ「でしたよね~」

    DSC06689

    レール付カウンター。

    マリオ「ちなみにエルパン・リコって
    どんな意味なんですか?」

    マスター「豊かなパンって意味ですよ」

    マリオ「なるほど、ならず者ルチャドールですね」

    マスター「それはエル・デスペラード」

    マリオ(関係者かな?)

    買って食べるところを探します。

    DSC06695

    マリオのパンリコのパン。

    クロワッサンの袋も別に買って、520円。

    焼きたてを天板→袋→ボラードを経て、
    いただきます。

    DSC06697

    リフトアップ。

    焼きたてフカフカで、
    美味い。

    中のポテトの淡い味わいもまた。

    ちなみにフィッシャリーはこの日。

    貸し切りで入れませんでした。


    エルパンリコで1up


    パン工房 エルパン・リコ
    北斗市東浜2-18-28
    0138-73-7203

    DSC06712

    次回は、
    北斗市東浜@スープカリー ギャラップ!!

    カレー、症候群編。

    函館のマリオです。

    先日、
    カフェ 駒ヶ岳牛乳。


    DSC06680

    初来店。
    地図はコチラ

    この日の休日の朝食は、函館朝市の程近くにある
    カフェ駒ヶ岳牛乳さんへ。

    ナコと2人で。

    今季の営業を開始した、こどものくにに行く約束を
    果たす前の腹ごしらえです。

    DSC06660

    店内。

    何回か訪れては開いてないのを書いたことが
    ありますが。

    知ってる方の奥様のお店なんですよ。

    久しぶりの再会、そしてお元気そうでなにより。

    DSC06651

    メニューとランチパスポート。

    後でツイッターを確認したらミルクラーメンも
    やってたことがあるみたい。

    これは賞味してみたかった。

    DSC06659

    カウンター席。

    懐かしい響きのミルクラーメン。

    10何年も前、牛乳の大量廃棄問題の際に
    脚光を浴びた中標津初のミルキーラーメン。

    DSC06654

    物販コーナー。

    牛乳ラーメンが全国的にどころか北海道でも
    定着しなかったワケは。

    ラーメンは日本の料理ですが、もとはやっぱり
    中国料理。

    DSC06657

    ナコはロデオ。

    1皿の料理の中に共存できる国は2つまで。

    ミルクはどっちかって言うと洋食に使われ
    ますからね。

    はこばれてきました。

    DSC06668

    マリオとナコのホワイトソースのオムライス。

    ドリンクもセットして、1.150円。

    スプーンも追加でもう一本。

    そして。

    DSC06663

    ピカタロールケーキセット。

    通常800円のところをランチパスポートだから、
    500円。

    改めて飲みましたが。

    瓶の牛乳は美味いな。

    DSC06670

    リフトアップ。

    手づくりの温もりが、
    美味い。

    そしてこどものくにへ。

    パパは新幹線しか乗れませんが。


    カフェ駒ヶ岳牛乳で1up


    Cafe 駒ヶ岳牛乳
    函館市大手町21-7
    0138-76-4122

    DSC06692

    次回は、
    北斗市東浜@エルパン・リコ!!

    自由への、戦い編。

    このページのトップヘ