函館無限1up

函館生活をコツコツと満喫するブログです。

    2020年02月

    函館のマリオです。

    ここに一冊の古い本があります。

    DSC01430

    函館ペリカンハウス著、函館食べたい読本。

    30年前に「札幌青春街図」で有名な亜璃西社から
    販売された古い食のガイド本です。


    前にどこかのサイトで読みました。

    30年前のグルメ本を持っていて、それに載ってる
    お店が現存して
    るなら。

    そのお店は食べるまでも無く、名店。

    ということで。

    「追跡、函館食べたい読本シリーズ」第74回は、
    「とんかつ おんどり」さんを目指します。

    DSC01429

    本文の一部。

    いきなり詠み人知らずの詩から始まりまって、
    店主さんの懐の深さを、これまた詩的に紹介。

    函館食べたい読本ってホント。

    原稿用紙に気持ちが収まらないことが、ままある


    だから惹きつけられます。

    そして、2020年2月某日のおんどり」さんは。

    DSC01432

    駐車場になって、その歴史に幕を
    閉じられてました。

    一抹の寂しさを胸に。

    次の掲載店へ。


    おんどり
    函館市若松町19番10号
    0138-26-XXXX


    蛇足ですが...この駐車場もいつの間にか、
    名前が変わってたな。

    函館のマリオです。

    ここに一冊の古い本があります。

    DSC01408

    函館ペリカンハウス著、函館食べたい読本。

    30年前に「札幌青春街図」で有名な亜璃西社から
    販売された古い食のガイド本です。


    前にどこかのサイトで読みました。

    30年前のグルメ本を持っていて、それに載ってる
    お店が現存して
    るなら。

    そのお店は食べるまでも無く、名店。

    ということで。

    「追跡、函館食べたい読本シリーズ」第73回は、
    「とんかつ とんき」さんを目指します。

    DSC01407

    2度目の登板。
    地図はコチラ

    6年半前に「じゅん」さんと行った時の投稿はコチラ↓


    あの時はバルメニューでしたので、改めて入店。

    DSC01409

    ランチメニュー。

    大門定食のAかBか。

    どんな門なんだ。

    DSC01411

    店内。

    12時を15分前でみなさんカツしてます。

    DSC01410

    マガジンスペース。

    最近「ろくでなしブルース」に遭遇することが多い。

    再評価されてんのかな。

    そしたら、では。

    DSC01416

    本文の一部。

    「オススメは、他店ではお目にかかれない~牛のかつ。
    他にも、~アメリカンステーキ定食もある。」

    なんかどっちも今はなさそう。

    函館食べたい読本ってホント。

    たまに「ふ~ん」という記事もある。

    箸休めだって必要だ。

    そして、2020年2月某日の
    とんき」さんの大門定食は。

    DSC01418

    コチラ。

    Bのロースカツを選択。

    汁椀が陶器でなんか洒落てる。

    DSC01422

    リフトアップ。

    創業47年目だからというわけじゃないけど、
    美味いに。

    背中を熱くする光に押されて。

    次の掲載店へ。


    とんき
    函館市松風町5-13
    0138-22-3998

    DSC01424

    蛇足ですが...左隣には当時、高級なクラブが数軒。

    逆サイドはね。

    函館のマリオです。

    ここに一冊の古い本があります。

    DSC00654

    函館ペリカンハウス著、函館食べたい読本。

    30年前に「札幌青春街図」で有名な亜璃西社から
    販売された古い食のガイド本です。


    前にどこかのサイトで読みました。

    30年前のグルメ本を持っていて、それに載ってる
    お店が現存して
    るなら。

    そのお店は食べるまでも無く、名店。

    ということで。

    「追跡、函館食べたい読本シリーズ」第72回は、
    「福新楼 五稜郭店」さんを目指します。

    DSC00655

    本文の一部。

    半分以上を割いてメニューの多彩さを紹介。

    サブタイトルから店主さんの情熱を伝えつつも、
    オチではなぜか食器に辛口コメント。

    函館食べたい読本ってホント。

    卒業文集みたいな趣もあって楽しい。

    だから惹きつけらます。

    そして、2020年2月某日の福新楼五稜郭店 」さんは。

    DSC00651

    その歴史に幕を閉じられてました。

    一抹の寂しさを胸に。

    次の掲載店へ。


    福新楼 五稜郭店
    函館市本町11番12号
    0138-51-XXXX


    蛇足ですが...福新楼は2001年に北斗市に移転。

    DSC01437

    2010年3月に閉店。

    同年4月中旬、トライアル上磯店で名前を変えて
    オープンの予定だったそうです。

    函館のマリオです。

    先日、
    ラーメン・石なべチャーハン 高田屋。

    DSC01382

    1年半ぶり9度目の登板。
    地図はコチラ

    この日の昼食は、ルイさんと2人で美原のラーメン・
    石なべチャーハンの高田屋さんに来きました。

    12時近辺はかなり混んで、ランチセット以外は
    なかなか来ないと「ルイさんに聞いて」たから、
    開店直後の来店。

    (それでも行くんだ)、とか思いつつも。

    DSC01383

    カウンター席。

    でも好きなもんはしょうがない。

    ルイさん高田屋さんのトンコツ醤油が函館で
    1番好きな味なんですって。

    ちなみに私は「櫓そば」。

    DSC01385

    メニュー。

    ところで遂に渡島半島に上陸したコロナウイルス、
    もとい「コビッドナイティーン」。

    若者は重症化しにくいっていうのが気になるんだよな。

    陰謀論じゃないですけど。

    これって年寄りを狙った何かの意思を感じなくもない。

    DSC01398

    座敷席。

    でも、もともと病気ってそんなものなのかもしれません。

    若いみなさんも気を付けてくだいね。

    みなさんには「超神水」みたいなモンですから。

    飲んだことないけど。

    DSC01384

    マガジンスペース。

    なんにしても、こういう時はスタミナが必要。

    試される大地のソウルフードなメニューを注文。

    でもジンギスカンって今は道民も、昔ほどは
    食べないよな。

    DSC01389

    卓調。

    子供のころ、焼肉ってジンギスカンのことだと
    思ってました。

    朝鮮漬けは、挑戦漬けだと思ってましたし。

    はこばれてきます。

    DSC01391

    マリオのジンギスカンラーメン。

    箸が刺さって倒れないボリュームで、980円。

    ダテパーのラーメンガイドクーポンで味玉がサービス。

    すりごまが良い香り。

    DSC01390

    ルイさんはトンコツ醤油で860円。

    薬味しか見えませんけど、スープ絡め派の
    ルイさんにはヘヴン。

    甘味が独特。

    お酒が良いんかな~。

    DSC01394

    味噌味のスープリフト。

    羊肉は他の肉より冷めた時の味の落ち込みが激しい
    から、個人的に「ジンギスカン定食」的な炒め物は
    好きじゃなかったんですが。

    コレはぜんっぜん違う。

    DSC01396

    リフトアップ。

    味噌ラーメンの上に炒めジンギスカンって、
    美味いじゃないか。

    麺もたっぷりで炒め野菜がツユに浸らないので
    歯応えも弱まらない。

    ラム肉の厚みも適切。

    千円近くするけど、払った以上の満足感がある。

    元気も出る。

    鹿部たらこまつりも延期か。

    ハンバーガーボーイズ、観たかったのに。


    ラーメン高田屋のジンギスカンラーメンで2up


    ラーメン高田屋
    函館市美原3-25-4
    080-5587-2511

    DSC01454

    次回は、
    函館市中島町@函館税務署3Fの食堂!!

    青の、告白編。

    函館のマリオです。

    先日、
    もりまちのパンやさん たむら。

    DSC01355

    初来店。
    地図はコチラ

    昨日の太田屋さんの帰り道、以前から気になってた
    もりまちのパンやさんに入ってみました。

    少し昔にどデカイ、パンって看板のあったお店の
    斜め向かいにあります。

    ちなみにそのお店の投稿はコチラ↓


    そういえば、パンもそれなりに食べ歩いていて、「渡島
    管内」のパン屋さんはどこも美味しいと思ってましたが。

    DSC01351

    店内。

    最近パンマニアな方からお話を伺う機会があって、
    食べるべきパン屋さんって「北海道南部」ではかなり
    限られるんですって。

    久しぶりに目からコンタクトが落ちた。

    これは、パンを低く見てると言われても仕方がない。

    DSC01352

    キャラパン。

    あんでもこんでもないと、ラーメンで語る人って
    認知されてますが、パンを語って「発熱」してる
    人がいたら。

    (何もそこまで...) って思ってしまう私がいた。

    DSC01353

    角食とドクペ。

    不真面目な食べ物屋さんって基本的に無いわけだから、
    消費者だって真面目に食べなきゃなんない。

    そんなこんなで初参戦の予定だった、はこだてフード
    フェスタは中止に。

    「市中感染」ってなんだよ。

    DSC01354

    豚ぱん。

    やるなら「鹿部たらこまつり」には行くゾ。

    買って帰っておやつの時間に。

    DSC01359

    マリオの豚パンとホタテカレーパン。

    合わせて税込み、572円。

    なにせ何も考えてこなかったので、豚パンと言われても
    味の想像がちょっと、つかない。

    DSC01361

    リフトアップ。

    肉まんみたいな味で、
    美味い。

    なるほど。

    クロワッサンとかないんかな?


    もりまちのパンやさん たむらで1up


    もりまちのパンやさん たむら
    北海道茅部郡森町字上台町326-91
    01374-7-1617

    DSC01400

    次回は、
    函館市美原@ラーメン高田屋!!

    箸が立つ、ジンラー編。

    このページのトップヘ