函館のマリオです

先日、
函館市柏木町の「そば処 いがら志

DSCN6894

1年9ヶ月ぶり2度目の登板
地図はコチラ

この日の昼食は、柏木町のそば処「いがら志」
さんにやって来ました

私が小学生のころ、苗字が同じ名前の体罰が
激しい教師がいらっしゃいましたが「志」の
部分が「嵐」だったので関係は一切ないと
思われます

あの野郎、小学生相手に「骨」に響くビンタ
しやがって

もうね、感謝しかないがな

DSCN6874

それはともかく、お献立表と卓調

前回、ツユの辛さがとても口に合ったので
もう何を食べても個人的には大丈夫だろう
との思いから今回は

最高額メニューの「啄木」を、

まずは店員さんに聞いてみます

DSCN6880

店内

店員さん「啄木はですね、あちらの写真にある
様に~」

マリオ「なるほど、では啄木で」と、注文を
済ませてしまったんですが正直

なぜその蕎麦が「啄木」なのかを聞き直せない
自分が、私らしくて涙も出ない

でもいいんですよ、そんなもんは

「アルファード」だって「ヤリス」だって、
乗ってる人も作ってる人も意味なんか気に
してなんかないんですから

DSCN6879

座敷席の上に額に入った啄木の案内

2枚あるから「冷」と「温」の案内かと
思いましたがこれ、2枚とも同じ「冷」

「啄木そば」って、え

まさか

はこばれてきました

DSCN6885

マリオの啄木そば(温)

温も冷も同価格で、1.150円

左側の「めかぶ」と「白ごま」って
「東海の小島の磯の白砂」ですよ

センターの海老みたいに見えるのは
「ズワイガニ」ですからね

いや~

たはむる前に

DSCN6887

スープリフト

泣きぬれたせいなのか塩辛さが足らない印象

天ぷらの油の香りが前にきてるけど

「めかぶ」もそうとうに前にきてた

DSCN6890

リフトアップ

シャキッとした麺とホタテやイカとも
たはむるんだから、美味い

函館で供される「啄木そば」として、深く
感銘を受ける

カイワレ大根もですね、必ず何らかしらの
意味があるはずなんですけど

そのうち分かりそうだから、考えるのをやめた


いがら志の啄木(温)で1up


そば処 いがら志
函館市柏木町24-14
0138-51-6806

DSCN6899

次回は、
函館市川原町@豪麵のから揚げ弁当!!

厨房とから揚げの間に立つ、
あずましくない編