函館無限1up

函館生活をコツコツと満喫するブログです。

    函館 銭湯 温泉 旅館 ホテル

    函館のマリオです

    先日、
    昭和温泉の熊さん食堂

    DSCN0017

    約1ヶ月ぶり4度目の登板
    地図はコチラ

    この日の昼食は、昭和温泉の「熊さん食堂」
    で件の「天丼」を家族に買ってきてもらい
    ました

    外観等は別日に撮ってあったんやつですが、
    妻にですね

    「天丼は630円、天ざるだって630円」と
    煽っていたので

    結果として複雑なものがありました

    DSCN0498

    テイクアウトメニュー

    何日か前のニュースなんですが、何度
    考えても「複雑」っぽい話なんだけど

    トライセラトップス(25周年)で奥田民生
    (56)さんが泥酔で和田唱(46)さんにロック
    界のピラミッド社会俺らから下の世代で
    壊そうよって、

    ロックってそんな民主主義でもないじゃあ
    ない?

    舐められた事が気にくわないなら、帰すか
    降りるかいじり倒せばいいんだし (今時の
    10代の社会人でもできる人は普通にいる)

    私はですね「ロックンロール」でこの値上げ
    社会をですね

    もう泣いているんですから (涙)

    買ってきてもらってました

    DSCN0493

    妻の唐揚げ弁当とマリオの天丼

    容器代込みで合わせて、1.500円

    別容器の大根サラダは唐揚げ弁当のなん
    ですって

    ん~

    DSCN0497

    開蓋

    天ぷらは天ざるの1.5倍くらい増しで、
    美味い

    持ち帰りですからカラッとした食感はない

    でもモクモクとですね、モクモクと美味しい

    これが「蒸らし」なの?


    昭和温泉の熊さん食堂の天丼テイクアウトで2up


    昭和温泉 熊さん食堂
    函館市昭和2‐39‐1
    0138‐42‐4126

    DSCN0502

    次回は、
    札幌市東区北14条@北華飯店!!

    「福来軒」を探してたら、えっとですね
    もうないの?編

    函館のマリオです

    先日、
    昭和温泉の熊さん食堂

    DSCN0018

    約9ヶ月ぶり3度目の登板
    地図はコチラ

    この日の昼食は、近くの居酒屋さんのランチ営業が
    再開した(青いぽすと情報)らしいから行ってみようと
    特に営業時間も調べないで10時55分に見に行ったら

    「じゅげむ堂」さんは12時からの営業だった

    すっかり天丼ランチ(千円ちょっとする)のつもりだっ
    たんだけど

    というわけでして、少し先にある昭和温泉の食堂へ

    DSCN0002

    券売機

    ここの天丼は、630円か...

    「天ざる」も630円なんだよな~

    DSCN0005

    店内

    価格差がね、高かったり安かったりしてくれれば
    お腹の気持ちは「天丼」なんですから迷わねんだ
    けど

    手間が掛かるのは絶対に「天ざる」じゃあないで
    すか?

    DSCN0003

    卓調

    繰り返しますが、お腹の気持ちは「天丼」
    だったんですよ

    あ、誰か「天丼」を注文した

    はこばれてきます

    DSCN0007

    マリオの昭和温泉熊さん食堂の天ざる

    海苔の盛り、あきらかに過剰で630円

    当たり前ですが税込みですからね

    すばらしいもんでして

    DSCN0015

    なす天リフト

    年を取るともう、油で揚げたナスは「肉」
    みたいなもんですからね

    エビとかはですね、食通と子供が語れば
    いいんですよってなもんだ

    DSCN0013

    リフトアップ

    海苔がからみに絡んでつかみにくいけど、
    美味い

    近くのお客さんの「天丼」も到着

    え、なんか老眼なのかか「えび天」が3本
    くらいに見える

    まじで

    エビは原価があれですから

    ほんならですね、え~


    昭和温泉の熊さん食堂の天ざるで2up


    昭和温泉 熊さん食堂
    函館市昭和2‐39‐1
    0138‐42‐4126

    DSCN0026

    次回は、
    函館市亀田本町@ゴーストスパイス!!

    カレー化した茶褐色のどろどろから囁いてくる
    私の、ゴースト編

    函館のマリオです。

    先日、
    谷地頭温泉の食堂。

    DSCN1537

    6年4ヶ月ぶりの登板。
    地図はコチラ

    この日の昼食は、「谷地頭温泉」の食堂で
    いただきました。

    温泉自体は年一くらいで利用させてもらって
    ます。

    体に良さそうな色の湯なんですよ。

    谷地頭温泉って。

    DSCN1524

    券売機。

    6年前の画像データを見たので、凄く迷います。

    その時は「天ざる」も「かき揚げそば」も600円。

    ちなみに今、ラーメン類は30円の値上げ。

    全体的もこの6年間で0~30円の値上げしかしてない。

    てか、値上げてないのもある。

    値上げてないのもあるのにね、でもなぜか。

    「かき揚げそば」は150円も。

    150円もなぜか。

    安くなってる。

    DSCN1517

    テーブル席からの厨房。

    これは事件だ。

    このご時世、とかもあるけどこの6年4ヶ月。

    いろいろあったのに、25%OFFとか。

    谷地頭のミステリー。

    DSCN1519

    座敷席。

    開店前から陣取ってる方が私を含めて3名。

    開店後も続々とお客様が食事を楽しんでます。

    聞いてみたい。

    かき揚げそばって、どこか。

    「どこか6年前と変わりました?」って。

    DSCN1525

    カウンターにおにぎりとポケベル。

    食堂だけの利用もできる雰囲気でした。

    確認はしてないけど。

    なんにも、確認なんてできなかった。

    七味をたくさん振って。

    席へはこびました。

    DSCN1527

    マリオのかき揚げそば。

    税込みで、450円。

    丼のほとんどを覆うかき揚げ。

    これが谷地の、かき揚げなんか。

    おっきくて、ふわっふわやないけ。

    DSCN1533

    スープリフト。

    「衣」がほろほろと。

    ころもというか、かき揚げが崩れていくので
    ツユを純粋に味わえるのは着丼後30秒くらい。

    スリリングですが「揚げ玉ファン」には、
    たまらない。

    たまらない攻防の末。

    DSCN1534

    リフトアップ。

    粉が効いた麺も必要以上に盛り込んであって、
    美味い。

    こんなのは私的「函館遺産」。

    最高だ。

    もう600円だった時のなんてどうでもいい。

    とろっとろでベロベロなのを。

    ずるずるずるっと。


    谷地頭温泉のかき揚げそばで2up


    谷地頭温泉 食堂
    函館市谷地頭町20‐7
    0138‐22‐8371

    DSCN1539

    次回は、
    函館市上新川町@龍栄堂菓子舗舗!!


    桜餅の葉っぱを、食べてみよう編。

    函館のマリオです。

    ここに一冊の古い本があります。

    DSC08764

    函館ペリカンハウス著、函館食べたい読本。

    29年前に「札幌青春街図」で有名な亜璃西社から
    販売された古い食のガイド本です。


    前にどこかのサイトで読みました。

    30年前のグルメ本を持っていて、それに載ってる
    お店が現存して
    るなら。

    そのお店は食べるまでも無く、名店。

    ということで。

    「追跡、函館食べたい読本シリーズ」第27回は、
    宝来町の「池の端」さんを目指します。

    DSC08765

    本文の一部。

    食にこだわる温泉旅館。

    「ググって」みると温泉も、自然と人が生きていく上で
    大切な事をその状況で伝えてくれる。

    コレは間違いのない、名湯。

    函館食べたい読本ってほんと。

    他所の貴重なブログ記事にも目を向けさせる。

    だから惹きつけられるんだな。

    そして2019年9月某日、「池の端」さんは。

    DSC08767

    更地になって、その歴史に幕を下ろしてました。

    あの温船、めちゃくちゃもったいないよ。

    一抹の寂しさを胸に。

    次の掲載店へ。


    池の端
    函館谷地頭町33番6号
    0138-22-XXXX


    蛇足ですが...1年早ければ間に合ったのに。

    函館のマリオです。

    先日、
    函館乃木温泉なごみ。


    DSC06197

    初来湯。
    地図はコチラ。

    昨日のシルキーさんで鍋焼きの後、ひとっ風呂
    浴びに来たのは乃木温泉、なごみさん。

    不意に、疲れが溜まってる気がしたから
    手ぶらで入ってみました。

    DSC06199

    券売機。

    入浴料円と手ぶらセットのボタンも押します。

    手ぬぐいとシャンプーとリンス、ボディソープが
    入った小袋を渡されますが。

    バスタオルがない。

    手ぶらのセットを購入したんですけどね。

    DSC06210

    なごみ内。

    きっと中でバスタオルが借りれるのでしょう。

    右のお食事処のメニューをチェックしてから。

    DSC06202

    脱衣所からの露天。

    ここで観念します。

    バスタオルは別料金。

    追加で借りに行くのも、何か違う気がするので
    風呂上がりは自然乾燥に任せました。

    湯は普通に良い湯。

    DSC06200

    食堂。

    ついさっき、鍋焼きうどんだから
    冷たい蕎麦にしよう。

    でも最近タンパク質を摂ってない。

    DSC06204

    カウンターの調味料。

    野菜も不足してるな。

    とりあえず冷たい飲み物を。

    席に運びました。

    DSC06205

    マリオのプレミアムアルコールフリー。

    滑り止めも敷いてあって、270円。

    グラスのサイズが合ってないけど、バッチリ
    冷やしてあるから、おもてなしの心。

    DSC06206

    手酌酒。

    酒のテイスト。

    しばらくボケっとしてました。


    乃木温泉で1up


    函館乃木温泉なごみ
    函館市乃木町4-25
    0138-86-7531

    DSC06230
    次回は、
    函館市花園町@ステーキ革命 げんか家‼︎

    過去と現在、未来のチャンピオン編。 

    このページのトップヘ