函館無限1up

函館生活をコツコツと満喫するブログです。

    楽器

    函館マリオです。

    先日、
    サウンドパパ

    イメージ 1

    初来店。
    地図はコチラ

    昨日のハコマートさんの後、道南民にはちょい
    馴染みは薄いが知名度は全国区の楽器店、通称
    サンパパさんにやってきました。

    特に用事はありませんでしたが。

    ちなみに公式サイトはコチラ

    イメージ 2

    パパ内。

    正直、理由がなければ入りにくい外観ですが
    足を踏み入れたら普通の楽器屋さんだった、
    パパ。

    函館のGLAYスポットとしても有名なので
    観光客っぽく中を伺って帰る予定でしたが。

    およそ楽器屋さんらしからぬ超感じの良い
    タッフさんに声を掛けられます。

    イメージ 3

    アンプコーナー。

    なにかお探しですか?」、とのことでしたので
    強いて言えば自宅練習用のアンプが欲しい旨を
    伝えてみます。

    アンシミュでの練習がつまらないというか、
    雪が積もってるから多少の騒音を出しても
    ご近所迷惑にならない気がするこの季節。

    毎年ベースアンプが欲しくなります。


    でもですね、エレキベースを趣味とすることに
    家族の理解は得られても。

    共感は絶対に得られないんだよな。

    相対的に地味、だから。

    イメージ 4

    ヤマハのTHRを勧められます。

    これも何度か欲しいなって思ったことがあり
    ましたが実物を拝見するとラジカセみたいで
    貧弱そうな、印象。

    最近の高いコンボアンプは小さいのがトレンド
    なのはなんとなくイメージしてましたが。

    イメージ 5

    ちょい弾かせていただきます。

    出音よりもこのジャズベにまず、
    惹かれます

    ポジションマークはそりゃない感ですが、
    ラージヘッドのベースって、かっこいい。

    でもですね、裏の来店目的は函館ではなか
    なかお目に掛かれない某ベースがパパさんに
    あるから。

    イメージ 6

    リッケンバッカー4003。

    どれだけ弾きにくくて、どんな音が
    するんだろう。

    買って帰りました。

    イメージ 7

    マリオTHR10

    ルイさんに知られるとアレだから、
    プライスレス。

    カレンダーもいただきました。

    年末だな~。

    イメージ 8

    アンシミュを間に挟んだんですが直刺しが
    楽しすぎる

    スターリンってこういう音だったんだ。

    想いが溢れるな。

    今聞いてる曲を弾きたい。


    サウンドパパで1up


    サウンドパパ
    函館市杉並町20-36
    0138-55-6096

    イメージ 9

    ちな4003。

    そんなに弾きにくくはないけど。

    ん~。

    油そばみたい。

    プレベが塩でジャズベが醤油ラーメン
    だったとしたら。

    イメージ 10

    次回は、
    函館市若松町@月の雨

    スティングレイは味噌、編。

    函館マリオです。

    先日、
    玉光堂 五稜郭店

    イメージ 1

    最後の登板。
    地図はコチラ

    昨日のあっぱの里の後、2017年4月いっぱいで
    その役目を終えた玉光堂五稜郭店さんにやって
    来てました。

    涙のショッピング。

    イメージ 2

    片付けられていく店内。

    中高生時代、なにかとお世話になった
    玉光堂さん。

    ピカピカの楽器を見るだけで怖いものが
    無くなってしまう、困った意味で怖い時代
    だったな~。

    イメージ 3

    処分価格だったエフェクターコーナー。

    今更なんですが僅かばかりでも貢献したい。

    なんかないかな。

    イメージ 4

    WE ARE Xコーナー。

    サントラがあったらと思いましたが
    時すでにForever Love

    フォーエバーでいたいドリーム

    イメージ 5

    ワゴンにあったギタースタンド。

    ちょっと気になります。

    ほぼマーケットプライスですが。

    イメージ 6

    これまた気になった多弦ベース。

    価格も手頃なジャクソン。

    楽器の出自は気にしない派なんですが
    シールでMADE IN KOREAに少々の戸惑い。

    エレキは弦高とテンションのバランスが適正
    に取れるんだったら、後は味。

    ラーメンみたいなもんだと思ってます。

    買って帰りました。

    イメージ 7

    マリオのこの日の収穫物

    しばらく一人だから緑黄色野菜も。

    そして組み立て。

    イメージ 8

    ロックスタンドセブンギターフラットパック。

    付属の工具で組み立てられたからドライバーは
    出番なし。

    ペラい、印象。

    実際ペラッペラでしたが個人的には充分。

    イメージ 9

    安定性に不安もあるけど、
    美味く出来ました。

    空いてるスペースを埋めたくなるけど。

    今なら気づかれないかも。

    ちなみに楽器コーナーは棒二の方に
    無事、引き継がれるそうです。

    よかった。


    玉光堂 五稜郭店で1up


    玉光堂 五稜郭店
    函館市本町17-2

    イメージ 10

    次回は、
    函館市美原@たんぽぽ!!

    再会、編。

    函館マリオです。
    アバンチュールギター
    先日、
    アヴァンチュールギターズ
    アヴァンチュールギター
    イメージ 1

    初ギターズ。
    地図はコチラ

    この日は神山にあった頃から行ってみたかった
    けど、伺うキッカケが難しかったアヴァンチュール
    ギターズさんに理由がやっとできてナコと一緒に
    来店。

    公式サイトはコチラ

    イメージ 2

    入ギターズ。

    昔おった篠塚的にエレクトリックベースを毎日
    10分間弾き続けること約1年。

    指弾きへの矯正は順調に終えたところで
    気になってきたのは適正な弦高。

    プロに任せてから体で覚える算段です。

    イメージ 5


    コンパクトなボディとヘッドのサイズが
    最高なマイ愛機。

    気に入らないトコは主張の強い、
    ピックガード。

    イメージ 3

    マガジンラック。

    ネック反り調整と弦高調整とオクターブ調整が
    セットになったお得なコース、トータルチューニング
    5.000円をお願いします。

    追加でちょいちょいとオーダー。

    新しい弦を持参してたから弦交換の料金は嬉しい
    サービスで、1.000円お得でした。

    イメージ 4

    ナコが「コレ壊れてるよ」。

    切り返しが難しいけど、こんな時だから
    問われる父親力

    工房の雰囲気は嫌いじゃないみたい。

    数日預けることになって帰宅。

    その数日の間に。

    イメージ 6

    サブのアーニースティングレイは一先ず、
    接触不良なノイズの後、うんともすんとも鳴らなく
    なったからこっちは自分で治してみます。

    仕組みの勉強にもなるし元の姿にも、
    戻してもみたい。

    イメージ 7

    再生パーツはAmazonで7.484円。

    作業してもらったら恐らく+8.000円~。

    30年近くぶりに半田ごてをふるいます。

    イメージ 8

    結果、音が出ない。

    一番単純な配線ミスでした。

    深まったかな、理解。

    そして数日後。

    イメージ 9

    再アヴァンチュール。

    ここで、ふと思います。

    試奏しないといけないかも。

    家族の前ではつま弾いていてもその道のプロの
    前で弾くなんて。

    絶対に無理

    でも試奏を勧められて「急いでるんでいいです」
    とも言える度胸も、ない印象。

    そんな気持ちを深く察してナコが、
    パパ、弾かないの」。

    イメージ 10

    ペンタペンタ

    超、弾きやすくなってゴキゲン
    なんです。

    ピックガードも外して大正解。


    アヴァンチュールギターズで1up


    アバンチュールギターズ
    函館市鍛冶2-39-12

    イメージ 11

    次回は、
    函館市若松町@タリーズコーヒー!!

    君が好きだと叫びたい、編。

    このページのトップヘ